”情熱”の力

こんにちは〜♪校長のぶっさんです!

 

自分がスノーボードインストラクターを始めて、もう15年になりますが、未だに新しい発見がつきません。

”ここまでできたからもうOK”はなかなか無く、だからこそ面白く、やりがいがある仕事だな、とつくづく思います。

今回はそんな最近の気づきを。

 

あくまで個人的な見解ですが、インストラクターには3つの能力が求められると思っていました。

滑る力(滑走技術)

見る力(良いところはどこか、何が足りないのか、どのような練習をしたら良いのか)

伝える力(わかりやすく、短い時間で、楽しく)

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

今シーズン、インストラクターデビューした菊池くん。

昔からの友人でしたが、当時は滑走技術はそれほど高くなく、どちらかと言うと不器用なタイプ。

インストラクターをやりたい!と決意してくれた時、正直、デビューするまでには結構時間がかかるかな〜・・・と思っていました。

そんなある日、受付の窓からゲレンデをふと見たときに、菊池くんが一人でなにやら怪しい動きをしています。

しゃがんだり、立ち上がったり、手を振ったり、両足付けたと思いきや、飛んだり回ったり、また片足を外して歩いたり・・・

 

”何をしているのかな?”と思って、しばらく観察していると・・・

ハッと気づきました。

 

”これ、レッスンしてる!!”

 

菊池くんは”エア初心者レッスン”をしていたのです。

そんな人、今まで見たことがありませんでした。

自分も駆け出しだった頃、レッスンのイメージトレーニングはよくしていました。

”早く一人前のインストラクターになりたい”気持ちがとても強く、本気度は誰にも負けないと思っていました。

 

その当時の自分の本気度を、菊池くんは超えていました。

 

控室に戻って菊池くんに会った時に、”すごいよ、あそこまでやる人初めて見た!”

と、声をかけると、菊池くんは

”レッスンを受ける人に楽しんでほしいんです。上手になってほしいんです。そのためには自分のレベルが全然足りないんです。あれくらいやらないと、自分は不器用なもので・・・”

と言っていました。

 

先日、晴れてインストラクターデビューした菊池くんですが、研修時間は今シーズンデビューした新人インストラクターの中で、最短でした!

研修時間以外での勉強時間は最長かもしれません。

 

まだまだインストラクターとして勉強しなければならない事はたくさんありますが、菊池くんには何も心配せず、安心してレッスンを任せられます。

 

彼の”情熱の力”は誰よりもズバ抜けているからです。全力でゲストを楽しませるために、上達させるために動いてくれるからです。全く妥協しないからです。

 

自分の中で”インストラクターに求められる3つの能力”に”4つ目”が加わりました。

むしろ、これが1番目であることを実感しました。

そういえば、うちのレッスンマニュアルの最初に”情熱が何よりも大切”って書いてあるな〜(笑)

 

自分がまだまだな事も実感しました・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です